医院ブログ

  • HOME
  • 医院ブログ

2019.10.19更新

こんにちは。トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

むし歯ができるメカニズムには、口腔内のpH値、そして、「脱灰」と「再石灰化」という作用が大きく関係しています。

 

まず、口腔内に存在する細菌(主にミュータンス菌)が、食べ物や飲み物に含まれる糖をエサにして繁殖し、歯の表面にプラーク(歯垢)をつくります。(プラーク1gあたりには、約1000億個以上の菌がいるといわれています…!)そして、プラーク中でミュータンス菌が糖を分解する時に酸をつくり、この酸によって歯の表面が溶け出します。これを「脱灰」をいいます。脱灰が進むと、やがて歯の表面に穴が開き、むし歯ができるのです。

歯の表面のエナメル質は、その約97%がハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの一種からできていて、私たちの身体の中では最も硬い部分です。しかし、酸にはとても弱く、酸にさらされると歯の表面のカルシウムイオンやリン酸イオンが溶けて出してしまうのです。

ただ、初期むし歯になりかかっている状態であれば、唾液の働きによって元の健康な状態に戻すことができます。唾液には酸性やアルカリ性に傾いた状態を中性に戻す緩衝作用があり、エナメル質を溶かすまで酸性に傾いた口腔内もしばらくすると元の中性の状態に戻ります。さらに、唾液が、ミネラルの溶け出した歯の表面にカルシウムイオンやリン酸イオンを補給し、新たにハイドロキシアパタイトを構成します。こうして、歯は元の健康な状態に戻るのです。これを「再石灰化」といいます。

脱灰 再石灰化

 

下にある2つのグラフをご覧ください。これは「ステファンカーブ」呼ばれていて、口腔内のpH値の変化を表したグラフです(940年、ステファンが初めて人間の口腔内のpH値の変化を計測したことが由来しています)。

口腔内が酸性になっている状態が一時的であれば、脱灰が起こったとしてもまたすぐ再石灰化が起こり、むし歯はできません。しかし、口腔内が酸性に傾く頻度が多ければ多いほど再石灰化よりも脱灰の方が進んでしまい、むし歯ができやすくなります。つまり、間食が多かったり甘い飲み物をだらだら飲み続けていたりすると、むし歯のリスクを高めてしまいます。

むし歯予防のためには、まずはしっかり歯みがきをしてプラークを取り除くことがが大切です。それに加えて、歯の健康のためには、なるべく間食を控えて、飲み物は糖分の含まれていないお水かお茶を飲むように心がけましょう。

ステファンカーブ

ステファンカーブ

 

 

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.10.11更新

台風19号接近に伴い、10/12(土)終日および10/13(日)午前中は臨時休診とさせていただきます。

10/13(日)は13時より診療予定です。

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.10.08更新

休診のお知らせです。

学会のため、11月20日(水)~25日(月)は休診となります。

長い休診となり患者さまにはご不便をお掛けいたしますが、何かございましたら急患専用ダイヤルにご連絡ください。

なお、11月17日(日)は診療いたします。

宜しくお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.08.02更新

8月11日(日)~16日(金)の間は夏季休診となります。

患者さまにはご不便をおかけいたしますが、休診の間に何かございましたら、急患専用番号にお電話ください。

夏季休診のお知らせ

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.06.21更新

こんにちは。トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

不正咬合の中でも、開咬上顎前突は遺伝的な要因だけでなく、舌突出癖、咬唇癖、指しゃぶり、口呼吸などの悪習癖が原因で引き起こされることがあります。

開咬 上顎前突

例えば、舌を前に出す癖があると、上の前歯と下の前歯との間に常に舌が挟まっている状態になります。すると、内側から舌に押されて前歯が外に傾いてしまい、上下の前歯が咬み合わない状態(開咬)になることがあります。咬唇癖や指しゃぶりも同様に、内側から口唇や指の力に押されて出っ歯になってしまうことがあるのです。

また、咽頭扁桃(アデノイド)肥大や口蓋扁桃肥大、アレルギー性鼻炎などがある人は、鼻呼吸ができず口呼吸になることがあります。口呼吸をしようとすると自然と口が開いた状態になるため、舌が前に出やすくなったり、口唇や頬などの筋肉が緩んで口腔周囲筋のバランスが崩れ、開咬や上顎前突の原因となることもあります。

このように、舌や口唇などの口腔周囲筋のバランスは、歯並びに大きく影響するのです。

不正咬合を引き起こす悪習癖

さらに、不正咬合と悪習癖の問題は、形態的・機能的な問題とも深く関わっています。

開咬で舌突出癖がある人の場合、舌に押されて前歯が動いて開咬になってしまった、つまり、歯の位置のずれが原因で開咬になってしまった場合もあれば、元々の顎骨の位置のずれが原因で開咬になり、形態的に上下の前歯が開いているために舌が前に出やすくなってしまったという場合もあります。不正咬合の成り立ちには、形態と機能がお互いに影響し合っており、この原因と結果の関係は、どちらが先で後か、なかなか判断しづらい場合もあります。

また、矯正治療を行う際は、悪習癖の問題も注意深く診ていかなくてはいけません。矯正治療中、悪習癖が歯の動きを妨げることもあれば、せっかく歯並び・咬み合わせをきれいにした後でも、悪習癖が原因で後戻りしやすくなることもあります。

そこで、矯正治療とあわせて、口腔周囲筋のトレーニング「MFT]を行うことがあります。

MFTとは、Myo Functional Therapyの略で、「口腔筋機能療法」を意味します。

MFTの目的は、舌や口唇などの口腔周囲筋のトレーニングをすることで、口腔周囲筋のバランスを整え、正しく機能させることです。

具体的には、舌や口唇の正しい位置を覚えたり、口腔周囲筋を鍛えて強くしたりします。また、口腔周囲筋のバランスが取れていないと、嚥下(飲み込み)、咀嚼、発音、呼吸などの機能にも悪影響を及ぼすので、正しい嚥下、咀嚼、発音、呼吸の仕方をトレーニングすることもあります。

悪習癖は無意識に行っていることがほとんどですから、まずはそれを意識的にやめることが大切です。ただ、口腔周囲筋のバランスに問題があれば、MFTを行ってみるのも一つの方法です。

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.06.08更新

こんにちは。トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

6月4日はむし歯予防デー。その時期に合わせて、市川市では毎年「むし歯予防大会」が開催されます。

今年は6月5日に行われ、当院院長も参加しました。

参加するのは今年で7回目。市川市歯科医師会の学校歯科委員として、市川市内の小・中学校から集まった健歯児童・生徒の表彰、作文、図画、ポスターの選考を行っています。

お子さん一人ひとりが自分の歯に興味を持って、虫歯をなくし、健康な歯を保つことができれば、地域の歯科医療に携わる者としてはこんなに嬉しいことはありません。

 

むし歯予防大会

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.05.25更新

6月12日(水)は、スタッフ研修のため、臨時休診となります。

患者さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、休診中に何かお困りのことがございましたら、急患専用ダイヤルにご連絡ください。宜しくお願いいたします。

休診のお知らせ

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.04.10更新

ゴールデンウィーク休診のお知らせです。

4月29日(月)~5月6日(月)は休診となります。

休診の間、患者さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、 もし何かお困りのことがありましたら急患専用の電話番号へご連絡ください。

休診のお知らせ

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.03.22更新

こんにちは。もぎ矯正歯科医院・院長の茂木和久です。

昨日、アライン・テクノロジー社主催のインビザライン・ジャパン・フォーラム 2019に参加してきました。インビザライン・ジャパン・フォーラムは、ゲストスピーカーの先生による症例発表や、アライン社からの新しいテクノロジーの発表などがあるのですが、毎回大変勉強になります。

また、同日、「インビザライン・ファースト コンプリヘンシブパッケージ(以下、インビザライン・ファースト)」がリリースされました。

インビザライン・ファースト

インビザライン・ファーストとは、Ⅰ期治療、つまり、乳歯列期および混合歯列期における矯正治療を対象とした、マウスピース型カスタムメイド矯正装置のことです。

インビザライン・ファーストの登場により、Ⅰ期治療においてもインビザライン適用の幅が広がりそうです。インビザラインの技術進歩には本当に目を見張るものがあります。

ただし、インビザライン・ファーストは全てのお子さまに適用となるわけではありません。インビザラインが適用となるかどうかは検討が必要ですので、ご希望がある場合は矯正専門医に相談してみましょう。

 

☆関連ブログ☆

「インビザラインのメリットについて」

「インビザラインのデメリットについて」

「インビザラインの適用症例」

 

 

 

投稿者: 医療法人社団愛悠会

2019.03.08更新

こんにちは。トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

当院では雑誌「PRESIDENT」を定期購読しているのですが、先日届いた3月18日号を見てみると…なんと今回のテーマは「歯医者のウラ側」…!!なんともインパクトのあるタイトルです(笑)

中を読み進めてみると、東京医科歯科大学大学院教授の小野卓史先生と脳科学者の茂木健一郎さんとの対談が載っていました!(同じ「茂木」さんでいつも一方的に親近感を持っていますが、血縁関係はありません、笑)。

その名も「頭が良くなる噛み方」との記事。咬み合わせと脳との関係について、大変興味深い内容が書かれていました。

よく咬むことが記憶を司る海馬に与える影響は大きく、認知症や学習意欲とも深く関連しているそうです。

また、永久歯が20本以上ある人と19本以下の人とでは、性別年齢問わず、20本以上ある人の方が生涯かかる医療費が安い、つまり、健康だという研究データもあるようです。

ちなみに!記事の中に出てきた「食いしばるとスポーツのパフォーマンスが上がる」というデータは、当院の川久保先生が執筆した論文から引用されました(この博士論文の担当教授が小野先生でいらっしゃいました)。思いがけず川久保先生の論文に関する内容を見つけてとても嬉しく、誇らしい気持ちです。また、この件で院長が小野先生と直接お話しする機会があったそうで、取材のウラ側なんかも聞いたそうです(笑)

矯正の相談にいらっしゃる患者さまの多くは、見た目が気になって歯並びを治したいと来院されます。しかし、矯正治療をする意義は、もちろん見た目の改善という側面もありますが、健康で正しい機能を伴う咬合・歯並びを獲得するということに非常に重要な意義があるのです。

ですから、当院では美容整形とは異なり、審美性よりもまずは健康を優先して治療します。ただ、そのように健康的で機能的な歯並び・咬み合わせは、見た目も必ず美しいのです!

咬み合わせは全身の健康にも大きく影響しますから、ご自身の咬み合わせにご不安がある方は、ぜひ一度矯正専門医に相談に行ってみるとよいでしょう。

脳と咬み合わせの関係

 

 

投稿者: 医療法人社団愛悠会

前へ

SEARCH

矯正治療のことでお困りでしたら
もぎ矯正歯科医院までお気軽に
ご相談ください

電車でお越しの方
●JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」より徒歩1分
●京成線「京成八幡駅」より徒歩2分

047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜 047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜
  • 医院ブログ
  • 採用情報
  • 患者さまの声
24h受付 オンライン初診予約