トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 矯正治療中のむし歯予防

矯正治療中のむし歯予防について

矯正治療中のむし歯予防について
「矯正中はむし歯になりやすい」
そんな話を聞いたことはありませんか?

実際、矯正中はブラッシングが行き届かず、むし歯になってしまう方がいます。また、むし歯の進行状況によっては、矯正歯科治療を中断せざるを得ないケースもあります。

当院では、調整にきて頂いた際、むし歯や歯肉炎などのチェックも行っております。専門の歯科衛生士が普段の歯磨きでは不十分な部分の清掃、磨き残しや歯石の除去などを行います。また矯正治療終了後の保定期間には噛み合わせの確認のほかにお口の中の定期検診をあわせて行っております。

定期健診の主な内容

定期検診の主な内容
・口腔内のチェック、歯石除去、むし歯、噛み合わせのチェック
・歯周病のチェック及び歯周ポケットの深さ測定
・PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)
・歯磨き指導
・フッ素塗布、シーラント充填(必要に応じて)

お口の中をチェック
歯周病やむし歯になっていないか?お口の中をチェックします。

ブラッシング指導
患者さま一人ひとりのお口の状態にあったブラッシングの指導をします。

クリーニング
歯の表面や歯周ポケットなどを、特殊な器具でキレイにクリーニングします。キレイでツルツルな歯を取り戻します。

フッ素塗布
歯周病やむし歯のリスクがある部分にはフッ素などを塗布してエナメル質を強化します。


トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 矯正治療中のむし歯予防


24時間オンライン初診予約


TOPへ