用語集

あ行

アーチレングスディスクレパンシー

Arch length discrepancy
歯並びの叢生(デコボコ)の程度を示す値のこと。単位はmm。叢生の場合は-の値で、どのくらいスペースが不足しているかを表す。すきっ歯などスペースが余っている場合は+の値となる。

アクチバトール(F. K. O.)

患者の筋の機能力を矯正力として利用することにより、良好な咬合関係を獲得しようとする機能的矯正装置。筋の機能力を最大限に利用できるよう、構成咬合という特殊な下顎位で作製する。主に夜間就寝時に使用する。

アシンメトリー

asymmetry。非対称であること。骨格や歯列の左右非対称に対して用いられる用語。
⇔シンメトリー symmetry

後戻り

歯列矯正終了後に歯または顎骨が元にあった方向へ戻ってしまうこと。

アライン・テクノロジー社

Align Technology ,Inc. 透明のマウスピース矯正装置インビザライン invisalignを取り扱う会社。

アレルギー

矯正歯科の分野では金属材料の器具を用いることが多いため、金属アレルギーがある場合はその装置選択には注意しなければならない。

アンカースクリュー矯正

歯を動かす固定源として歯科矯正用アンカースクリューを用いた歯列矯正のこと。矯正用アンカースクリューは直径1.4~2.0mm ほどの細いネジ。矯正用アンカースクリューを用いることによって、従来は不可能であった治療計画も可能になった。

アンカレッジロス

固定の喪失。例えば、出っ歯の矯正治療で小臼歯を抜歯した場合、抜歯して獲得したスペースは当然、出っ歯である前歯を後退させるために使われるべきである。前歯を後退させるための固定源は臼歯に求められるが、その際に臼歯がスペースに向かって動いてしまうことをアンカレッジロスと言う。治療計画以上のアンカレッジロスを起こしてしまうと、前歯が十分に後退しないことになってしまうため、固定源の強化は重要である。

アングル分類

1899年にAngleが提唱した、第一大臼歯のかみ合わせの関係を表す分類。理想的なかみ合わせの状態がI級、上顎の第一大臼歯が前方にある場合がII級、その逆がIII級である。出っ歯の場合はII級、受け口の場合はIII級になっていることが多い。

鞍状歯列弓

馬の鞍の形のように小臼歯が内側に入っている歯並びのこと。下顎の第二小臼歯は生える順序が遅いために、場所が足りないと内側に生えてしまうことがある。

イーライン

E-line。口元の突出感についての評価方法の一つ。側貌(真横から見た顔)において、鼻の先と、顎の先を結んだラインのこと。このライン上に上下唇の先端が有るのが美しいとされる。唇の位置は前歯の位置に大きく影響を受けるため、出っ歯(上顎前突)の人はE-lineに対して口元が突出し、受け口(反対咬合)の人はE-lineに対して口元が後退することが多い。
矯正治療は歯並びだけでなく、顔貌の審美性も考慮し治療計画を立てるが、その際に用いられることが多い。

異常嚥下癖

成人の嚥下では舌尖が口蓋前方の切歯乳頭に接触しているが、異常嚥下癖がある人では、舌が固有口腔から突出し、上下前歯間に入り込んでいる。このため、開咬の原因となる。

移植

自分の歯を別の場所に移すこと。たとえば、虫歯や歯周病などで失った部位に親知らずを移植するなど。

1期治療

子供の矯正治療のこと。小児矯正、予防的矯正治療ともいう。乳歯と永久歯が混ざった混合歯列期の矯正治療を1期治療という。
対して、永久歯列に対するマルチブラケット装置による本格矯正治療(ワイヤー矯正)を2期治療という。
1期治療の目的は、骨格的なアンバランスの解消と永久への生え変わりの誘導を行うことである。子供の矯正治療によって本格矯正治療をより良い条件で行うことができる。また、将来的な抜歯や外科手術の回避にも繋がる。1期治療を行うことで、2期治療が不要になる場合もある。

インコグニト

Incognito。ドイツで開発された舌側矯正(裏側矯正)のシステム。ブラケット、ワイヤーがオーダーメイドで作られることが特徴。装置が薄く、違和感が少ない。

インターディシプリナリーアプローチ

interdisciplinary。「学際的な」という意味。さまざまの領域の専門医が協力し合うこと。歯科におけるインターディシプリナリーアプローチとは、虫歯は一般歯科医、抜歯は口腔外科医、歯列矯正は矯正専門医が行うというように各分野の専門医が協力して一口腔内の治療を包括的に治療にあたることを言う。

インターブラケットスパン

歯列矯正用ブラケット同士の間の距離のこと。インターブラケットスパンが小さいと、ワイヤーの自由度が小さくなる。これが舌側矯正の難易度が高い理由の一つである。

院内感染

医療機関にいる間、また医療行為を受けて何らかの病原体の感染を受けること。もぎ矯正歯科医院では院内感染を予防するため、オートクレーブによる機材の滅菌を行っています。

インビザライン

透明のマウスピース矯正装置。世界中で約200万人の治療実績を持つ。舌側矯正(裏側矯正)と同様、人に気付かれずに矯正治療を行える方法の一つ。
マウスピースは終日の装着が必要であるが、食事の際には外す。2週間に1度新しいマウスピースに交換し、歯を移動していく。表側矯正と比較し、目立たないことの他、虫歯になりにくい、痛みが少ないというメリットも有る。
ただし、どんな症例でもインビザラインで治療が可能と言うわけではなく、専門医による判断が必要である。

インビザラインドクター

インビザラインを使った歯列矯正を行えるドクターのこと。アラインテクノロジー社の認定を受けたインビザラインの認定医のことを指す。

インビュー

Invu。セラミックブラケットの一種。歯冠色との親和性が高く、審美ブラケットとして用いられる。

インプラント矯正→アンカースクリュー矯正

歯を動かす固定源としてインプラント(矯正用アンカースクリュー)を用いた歯列矯正のこと。矯正用インプラント(矯正用アンカースクリュー)は直径1.4〜2.0mmほどの細いネジ。矯正用インプラントを用いることによって、従来は不可能であった治療計画も可能になった。

受け口

前歯の反対咬合のこと。下の前歯が上の前歯より前方に位置しているかみ合わせのこと。審美的でないだけでなく、奥歯への負担が大きいかみ合わせとなるため、統計的に歯を失いやすいことがわかっている。矯正治療の必要がある不正咬合の中では、最も早期から治療が開始される。

裏側矯正

矯正歯科学では舌側矯正という。歯を動かすためのワイヤーを通すブラケットを、歯の裏側に装着する矯正治療法のこと。見えない矯正装置であるため、他人に気づかれずに歯並びを良くしたい人、矯正装置の見た目に強い抵抗がある人に勧められる。費用が高額である、舌房(舌の置き場)が狭くなる、発音に影響が出る場合が有る、などのデメリットがある。

エキスト、エキストラクション

extraction、抜歯のこと。extと略される。矯正治療のために抜歯を行うことを便宜抜歯という。歯列矯正における抜歯部位は小臼歯となることが大多数である。

エクストルージョン

歯の矯正的挺出のこと。MTMにおいて行われることが多い。

エステティックライン(E-line)

側貌(真横から見た顔)において、鼻の先と、顎の先を結んだラインのこと。このライン上に上下唇の先端が有るのが美しいとされる。唇の位置は前歯の位置に大きく影響を受けるため、出っ歯(上顎前突)の人はE-lineに対して口元が突出し、受け口(反対咬合)の人はE-lineに対して口元が後退します。
矯正治療は歯並びだけでなく、顔貌の審美性も考慮して治療計画を立てなくてはなりません。無理な非抜歯による歯列矯正を行うと、口元が突出してしまうことが有るので注意が必要です。

エンドカッター

ワイヤーエンドを切断するための矯正用プライヤー。口腔内でも使用できるタイプは、カットした際にワイヤーが飛んでいってしまわないように、カットした部分を把持できる構造になっている。

エンドチューブ

歯列矯正用バッカルチューブの一つで、主に最後臼歯に装着するもの。ウイングが無いので高径が低い。

エンドドンティクス

歯内療法学。歯の神経や根先病巣の治療に特化した歯科分野。近年ではマイクロスコープを併用し、より精密、精確な治療が行われるようになった。

オーバーコレクション

矯正治療後の後戻りを想定して、あえて必要量を超えた歯や顎の移動を行うこと。矯正治療後の後戻りのリスクの高い、歯の強い捻転などに用いられることがある。

オーバージェット

上下顎中切歯の水平的な距離のこと(上の前歯と下の前歯の水平的な距離のこと)。単位はmm。出っ歯の場合は大きな値となり、切端咬合の場合は0、反対咬合(うけ口)の場合は負の値となる。

関連項目:オーバーバイト

オーバーバイト

上下顎中切歯の垂直的な被蓋のこと(上の前歯と下の前歯の垂直的な重なりのこと)。単位はmm。正被蓋の場合は正の値、切端咬合の場合は0mmm、開咬の場合は負の値となる。オーバーバイトが大きい噛み合わせを過蓋咬合と言う。

関連項目:オーバージェット

オーバーレイ

ワイヤー結紮の手技の一つ。歯列矯正用のメインワイヤーの上に、細いワイヤーを通し、合わせてブラケットやチューブに結紮すること。

関連項目:アンダーレイ

オープンコイル

歯と歯の間のスペースの獲得や保隙の目的でアーチワイヤーに装着するコイル。ニッケルチタン、ステンレス、コバルトクロム、ベータチタンなどのものが有る。

オクルーザルプルヘッドギア

出っ歯(上顎前突)の治療に用いられるヘッドギアの一種で、牽引方向を咬合平面と平行にしたもの。第一大臼歯の圧下や挺出を伴わない。

オメガループ

アーチワイヤーに付与する基本的なループの一つ。オメガ記号に形が似ていることから呼ばれる。タイバックに用いたり、ストッパーに用いたりする。

親知らず

第三大臼歯、智歯のこと。親が気付かない年頃に生えるという歯という意味である。人間の歯の数は退化傾向にあるため、親知らずの一部あるいは全部が先天的に無い人も多い。近代日本人では親知らずまで綺麗に並ぶということは殆ど無く、生えてきても中途半端に歯肉に埋まっており、炎症の原因となることが多い。

オリゴドンシア

Oligodontia、先天性多数歯欠損症。親知らずを除いた永久歯6歯以上が生まれつき欠損、欠如している症状。2013年4月よりオリゴドンシアを伴う歯科矯正治療では保険適応となった。外胚葉異形性症等の症候性の先天性疾患と併発することも多い。

オルビターレ

セファログラムの計測点の一つ。眼窩外縁上の最下方に位置する点。フランクフルト平面に接する。

か行

開咬

かいこう。奥歯で咬んだ時に、前方の歯が当たらない不正咬合を言う。開咬は悪習癖との因果関係が強く、舌突出癖(異常嚥下癖)や、吸指癖(指しゃぶり)などがあると開咬になりやすい。
子供の開咬の矯正治療は悪習癖の除去が主となる。タングクリブなどの矯正装置を用い、筋機能療法を行う。大人の開咬の矯正治療はマルチブラケットによる歯列矯正となる。悪習癖が残っていると、いくら矯正治療を行っても開咬が再発するため、大人の場合でも筋機能療法は不可欠である。骨格的な開咬が著しい場合は、外科的矯正治療の対象となる。

過蓋咬合

不正咬合の一つ。かみ合わせが深いこと。オーバーバイトが大きいこと。かみ合わせた時に下の歯がほとんど見えないため、審美的でない。また、顎関節に負担のかかりやすいかみ合わせであると言われている。下の前歯が上の裏側の歯肉に咬みこんでいるような上顎前突との併発症例が多い。また、low angle caseと言われるような下顎骨の顎角部がはっきりしたエラのはっている骨格の場合にも併発しやすい。

下顎下縁平面角

フランクフルト平面と下顎下縁平面のなす角度。FMA、Mandibular plane angleとも言う。その角度とかみ合わせの力は反比例する傾向にある。角度が大きすぎると矯正治療が難しくなっていくと言われている。
角度が大きい場合にはhigh angle case、角度の小さい場合にはlow angle caseと分類され、それぞれ特徴的な咬合状態をしめす。

下顎前突

頭蓋に対して下顎が前方位をとっているもの。受け口。
前歯部のかみ合わせで下顎が前方になっているものは反対咬合という。

関連項目:上顎前突

顎変形症

骨格的な不調和が、顎の手術(外科的矯正治療)を必要とするほど大きなもの。歯列矯正による歯の移動と、顎の手術を併用して治療する。指定を受けた医療機関では、歯列矯正、顎の手術ともに健康保険の適用が可能である。

重ね合わせ

異なる2時点以上のセファログラムを用いて、成長の度合いや治療の効果を比較検討すること。Superimposition.セファログラムは規格写真であるため、文字通りレントゲンを重ねて見ることによって比較することができる。

顎間ゴム

がっかんごむ。固定源の確保や、咬合の緊密化を目的として、上顎と下顎のそれぞれのフックにかけるゴム。患者自身が取り外しをし、基本的には終日使用する。顎間ゴムの使用頻度が治療の結果を大きく左右することも多い。

ガミースマイル

笑った時に上顎の歯肉が過度に露出すること。出っ歯や、上顎骨の垂直的な過成長、短い上唇などが原因。矯正治療により改善が可能であるが、重度のガミースマイルの改善には手術を必要とすることもある。

カラーゴム

矯正治療をオシャレに楽しみたいという人のための、色のついた結紮用のゴム(モジュール)。

顔面平面

フェイシャルプレーン。セファログラムの基準平面の一つで、ナジオンとポゴニオンを結んだ平面のこと。

吸指癖

きゅうしへき。指しゃぶりのこと。2歳までは正常だが、それ以降は歯並びに悪影響を与えるため、やめさせた方が良い。上下の前歯の間に指が入り込むため、上下の前歯が当たらない開咬や出っ歯の原因となる。また、吸い込む力が上顎歯列の狭窄の原因となる(上顎の歯並びが狭くなる)。
関連項目:狭窄歯列弓

急速拡大装置

上顎骨の幅を短期間で拡大する装置のこと。Rapid Maxillary Expansion。上顎の正中口蓋縫合を離開させて拡大を行うため、骨化の完了する中高生までの使用が望ましい。
上顎の歯槽骨の幅が、下顎のそれに対して狭い場合に有効な装置である。装置の使用中に上顎前歯に正中離解が生じるが、拡大が奏功している証拠であり、後で閉鎖すれば問題無い。

狭窄歯列弓

幅の狭い歯並びのこと。異常な頬圧や、指しゃぶり(吸指癖)などが原因でなることが多い。上顎の前歯が押し出されて出っ歯の歯並びになることが多い。歯列矯正治療により改善することができる。

矯正用インプラント

歯を動かすための絶対的な固定源として矯正治療の間だけ骨に埋めるインプラント(アンカースクリュー)のこと。直径1.4〜2.0mmほどの小さなスクリュータイプとプレートタイプが有る。矯正用インプラントにより、従来であれば外科的矯正治療を必要としたような症例の一部が、手術をせずに治療できるようになった。

頬側転位

ある奥歯が、他の歯と比べて、外側に飛び出してしまっていること。前歯の場合は唇側転位(しんそくてんい)と言う。叢生歯列の症状の一つして発生することが多い。

金属アレルギー用矯正装置

特定の金属に対してアレルギーのある患者さんに用いられる、金属を含まない、あるいは生体親和性の高い金属を用いたワイヤーやブラケットなどの矯正装置のこと。生体親和性の高い金属の例としてチタンが挙げられる。

グナチオン

gnathion。セファログラムの計測点の一つ。顔面平面 (Na-Pog)と下顎下縁平面となす角の二等分線がオトガイ隆起前縁と交わる点。

クリンチェック

インビザラインによる矯正治療において、ドクターがコンピューター上で行う治療のシミュレーションのこと。インビザライン認定ドクターのみが行うことができる。

クロスエラスティック

部分的な交叉咬合や鋏状咬合の解消のために用いられる顎間ゴムの掛け方。相反固定を利用している。

クワドへリックス

歯列矯正装置の名称。上顎の歯並びの拡大に用いられる、4つのループを含んだワイヤーの固定式拡大装置。歯並びの幅を広げてスペースを獲得できるため、歯を抜かない矯正治療を行う場合に用いられることが多い。

外科的矯正治療

顎変形症などの治療を行う際に矯正治療単独ではなく、手術による顎骨の上下顎のずれを修正する治療法。指定を受けた医療機関では、歯列矯正、顎の手術ともに健康保険の適用が可能である。外科的矯正治療を行う顎変形症は下顎前突の症例が多いが、開咬や上顎前突、上下顎の側方偏位の症例も存在する。

結紮

結紮線やモジュールを用いて歯列矯正用ブラケットにワイヤーを結びつけること。
ライゲーション。セルフライゲーションブラケットは、ブラケットに蓋をする機能を備えており、蓋を開閉することによって結紮を不要にしている。

結紮線

歯列矯正用ブラケットにメインワイヤーを結びつけるための細いワイヤーのこと。いくつかの太さの種類があるが、いずれも直径.010インチ前後である。一般的には銀色であるが、審美性を重視した白い結紮線も存在する。

口蓋側転位

上顎のある歯が、他の歯と比べて内側に飛び出してしまっていること。下顎の歯の場合は舌側転位(ぜっそくてんい)と言う。叢生歯列の症状の一つして発生することが多い。

口腔筋機能療法

MFT ; Myo Functional Therapy. 矯正装置を特に用いることなく、口のまわりの筋肉の正しい使い方をトレーニングすることにより、不正咬合を改善する治療法。矯正装置と併用して行われる場合も多い。

口唇閉鎖不全

口元が出ており、口がうまく閉じられないこと。いつも口が開いている、口を閉じた時に顎に皺(しわ)ができるなど。口腔内が乾燥しやすく、虫歯や歯周病の原因菌の繁殖、口臭、ドライマウスなどの原因となる。矯正治療により改善が可能。

咬唇癖

こうしんへき 。唇を噛む悪習癖。ほとんどの場合は下唇を噛む癖で、その力により、上顎前歯は唇側に傾斜し、下顎前歯は舌側へ傾斜するため、上顎前突(出っ歯)になる。
関連項目:吸指癖、咬爪癖

咬爪癖

こうそうへき。爪を噛む癖。開咬の原因となる場合があるため、やめさせた方が良い。
関連項目:吸指癖、咬唇癖

骨芽細胞

こつがさいぼう。骨の生成誘導を行う細胞。矯正治療の際には歯の牽引側(歯が動いてきた後方側)に骨芽細胞が活性化することで骨の再生がおこる。抜歯後の骨の再生の際にも活性化する。
関連項目:破骨細胞

小林フック

先端に顎間ゴムをかけるためのフックがついている結紮線のこと。強度が求められるため、通常の結紮線より太い径のもの(0.010〜0.014inch)を用いることが多い。

コルチコトミー

歯列矯正治療の開始前に歯槽骨に刻み目を入れて、代謝を良くして歯の動くスピードを上げる手術のこと。

コンバーチブルチューブ

第一大臼歯に装着する歯列矯正用バッカルチューブの一つで、取り外しのできるのキャップを備えたもの。キャップを取り外すと、ブラケットとして使用できる。

さ行

サービカルヘッドギア

出っ歯(上顎前突)の治療に用いられる矯正用ヘッドギアの一種で、首を固定源にするもの。牽引方向が後下方となり、上顎大臼歯の挺出を伴うため、咬合挙上の働きも併せ持つ。よって、過蓋咬合を伴う上顎前突に用いられることが多い。

関連項目:オクルーザルプルヘッドギア  ハイプルヘッドギア

最小の固定

抜歯症例に置ける抜歯空隙利用による固定の分類の一つ。通常固定大臼歯が抜歯空隙の1/2またはそれ以上に近心移動することが許容されるもの。

関連項目:最大の固定、中程度の固定

最大の固定

抜歯症例に置ける抜歯空隙利用による固定の分類の一つ。抜歯空隙の1/4以上の固定大臼歯の近心移動が許されないもの。

関連項目:最小の固定、中程度の固定

鎖骨頭蓋異骨症

鎖骨の欠損と頭蓋骨の形成異常を症状とする先天異常で、常染色体優性遺伝が病因とされる。短頭型が多く、大泉門の閉鎖不全により前額部から頭頂部にかけて陥凹を示す。
口腔内所見では上顎骨の劣成長による反対咬合や開咬を示し、乳歯晩期残存、永久歯萌出遅延、過剰歯、短根が多く見られる。この疾患を有する患者の矯正治療は健康保険の適用となる(2002年4月以降)。

三角ゴム

上下顎間に用いられる垂直ゴムの一種で、上顎に2箇所、下顎に1箇所、もしくは上顎に1箇所、下顎に2箇所の合計3箇所のブラケットもしくはフックにゴムリングをかけ、三角形にして用いる。
これは開咬などの治療に際して歯の挺出をはかる目的で用いたり、矯正治療の最終段階において咬合の緊密化をはかったりする目的で用いる。

J-フック

ヘッドギアを構成するワイヤーボウでJ字形をしている。力の牽引方向やアーチワイヤーのフックを掛ける位置により大臼歯の動態をコントロールしたり、上顎あるいは下顎の左右側いずれか一方を用いて正中を一致させたりすることもできる。

四角ゴム

上下顎間に用いられる垂直ゴムの一種で、上顎に2箇所、下顎に2箇所、の合計4箇所のブラケットもしくはフックにゴムリングをかけ、四角形にして用いる。
用途は開咬などの治療に際して歯の挺出をはかる目的で用いたり、矯正治療の最終段階において咬合の緊密化をはかったりする目的で用いる。また、外科的矯正治療での手術後の顎間固定にも用いられる。

歯間空隙

乳歯や永久歯列で隣接する各歯の間にある生理的発育とは関係ない空隙を言う。この原因として、歯の近遠心幅径に比して歯槽基底が大きい場合、歯数不足、奇形歯、各小帯の肥厚や付着部異常、大きな舌、口腔内外の様々な悪習癖などが挙げられる。

歯根吸収

生理的なものと病的なものとに分けられる。生理的な歯根吸収は歯の交換期における乳歯に見られる。
病的な歯根吸収には、矯正治療や隣在埋伏歯の萌出、咬合性外傷や、ホルモン・ビタミンの過剰や欠乏のような全身疾患に起因するもの、また突発性のものなどが挙げられる。
矯正治療による歯の移動と歯根吸収は極めて密接な関係であり、多少の吸収は避けられないとされている。

歯槽基底弓長径

矯正歯科での診断に用いる模型分析の計測項目の一つ。左右第一大臼歯遠心接触面から中切歯唇側歯肉最深部の距離。大坪式模型計測器などで計測する。

Basal arch width.

関連項目:歯列弓幅径、歯槽基底弓長径

歯槽基底弓幅径

矯正歯科での診断に用いる模型分析の計測項目の一つ。左右第一小臼歯の根尖に相当する歯肉最深部間の距離。模型上で矯正歯科用ノギス等で計測する。

Basal arch width.

関連項目:歯列弓幅径、歯槽基底弓長径

歯体移動

歯軸を傾斜させることなく、歯を平行移動させる移動様式。

術後矯正治療

顎変形症の手術後、最終的な咬合の完成をはかるために行われる。術前矯正治療や顎間固定に用いられたマルチブラケット装置を用いて行われる。顎間ゴムが併用されることが多い。

関連項目: 外科的矯正治療 術前矯正治療

術前矯正治療

顎変形症の手術後の咬合の安定をはかるために、治療計画に基づきマルチブラケット装置により行われる動的矯正治療。治療に先立って、叢生の解消や歯軸の改善のため、必要に応じて抜歯を行うこともある。

関連項目:外科的矯正治療 術後矯正治療

上顎前突

じょうがくぜんとつ。頭蓋に対して上顎骨が前方位をとっているもの。または単純にオーバージェットが大きいことを指して言う。出っ歯や口元の突出の原因となることが多い。

関連項目:下顎前突

上顎前方牽引装置

骨格性下顎前突や、上顎劣成長の成長期にある患者に対して、顎外に固定源を求めて上顎部に整形力を加えることにより、上顎骨を前方に牽引する顎外固定装置である。

上下顎前突

じょうかがくぜんとつ。頭蓋に対して上下顎骨が共に前方位をとっているもの。または上下顎前歯が共に唇側傾斜しているものをいい、前者を骨格性上下顎前突、後者を歯槽性上下顎前突という

小舌症

舌の形成不全によって、前舌部が欠如した残遺小舌。小舌症の患者には極端な叢生が多く見られるが、これはバクシネーターメカニズムが崩れて咬合が乱れたものである。

歯列弓長径

矯正歯科での診断に用いる模型分析の計測項目の一つ。歯並びの長さをあらわす分析値。大坪式模型計測器などで計測する。左右第一大臼歯遠心接触点を結ぶ線から中切歯切縁までの距離。

Coronal arch length.

関連項目:歯列弓幅径、歯槽基底弓長径

歯列弓幅径

矯正歯科での診断に用いる模型分析の計測項目の一つ。歯並びの幅をあらわす分析値。模型上でノギスで計測する。左右の第一小臼歯頬側咬頭頂間の距離。

Coronal arch width.

関連項目:歯列弓長径 歯槽基底弓長径

シングルブラケット

歯列矯正用ブラケットの形態の一つで、結紮線をかけるウイングが2つしかないもの。ウイングを有するツインブラケットと比較し、近遠心的な幅が小さいため、インターブラケットスパンを長く取れるが、歯の動きのコントロール精度が劣る。

唇側転位

ある前歯が、他の歯と比べて外側に飛び出してしまっていること。奥歯の場合は頬側転位(きょうそくてんい)と言う。

シンチバック

歯列矯正用ワイヤーの端が唇や頬に刺さったり、抜けてしまったりすることを避けるために、ワイヤーの端を曲げ込むこと。形状記憶合金の歯列矯正用ワイヤーの場合は、シンチバックプライヤーを用いるか、ワイヤーの端をあえて焼き鈍して形状記憶能力を喪失させて行う。

シンチバックプライヤー

シンチバックを行うための矯正歯科用ブライヤー。左右が別々になっており2本必要なタイプと、1本で兼用するタイプがある。シンチバックプライヤーを用いるとチェアタイムを短縮することができるが、一点に力を集中させて屈曲しているため、元に戻す場合はワイヤーが破折することが多い。

睡眠時無呼吸症候群

sleep apnea syndrome; SAS
睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気。肥満との関連が強いことは良く知られているが、下顎後退症との関連が近年取りざたされている。

ストリッピング

歯のサイズを僅かに小さくするために歯を削ること。矯正治療を行う上で、歯を排列するスペースが少量足りない時、上下の歯の大きさのバランスが悪い時、左右の歯の大きさのバランスが悪い時などに行われる。ディスキングとも言われる。

ストレートワイヤー法

アンドリュース(Andrews, L.F.)によって1960年代後半に開発されたエッジワイズ法の1つで、アーチワイヤーには複雑な屈曲を与えずにすむようにブラケットの構造に工夫を凝らしてあるのが特徴。

スピーチエイド

口蓋裂手術後の鼻咽腔閉鎖不全に対し、補綴的に機能回復をはかる装置であり、外科的処置法の咽頭弁形成術に相当する。

スピード矯正

学術的な用語ではなく、日本の一般開業医による造語のため、明確な定義は無い。コルチコトミー(歯槽骨に刻み目を入れる手術)により歯の移動速度を速めるものを指す場合や、歯を削って被せものをして見た目上の歯並びを整える方法を指す場合が有る(歯根の位置は変わらない)。
歯並びが悪いまま歯を削って無理に被せものをすると、歯の神経が死んでしまったり、被せものが割れるたびにを取り替えて、非常に高い維持費が必要となるため、安易に選択しないよう注意が必要である。

スポットウェルダー

バンドにコンバーチブルチューブやエンドチューブ、ブラケットを電気抵抗熱によって溶接する機器のこと。金属の自家溶接であるため、溶剤や鑞を用いる必要はない。

スライディングプレート

オトガイ帽装置(チンキャップ)による治療効果を高めるために通常下顎に併用される装置。前歯の深い垂直的被蓋(咬合高径)によって、下顎の後退が阻害される場合、本装置を用いて咬合挙上を行い下顎の後退を容易にする。

スリーインサイザーズ

前歯が1歯欠損し、3歯の状態をいう。特に下顎側切歯は先天的に欠損する頻度が極めて高い。

正中下顎裂

先天性裂奇形の一種で、下顎の正中に裂を有するものをいう。左右の下顎突起の癒合不全によって起こる。

関連項目:辰顎口蓋裂、口蓋裂

正中過剰埋伏歯

上顎正中部の過剰歯を正中歯といい、これが埋伏している場合をいう。
正中離開の原因の一つになっている。X線写真上では1歯ないし複数歯の埋伏として認められ、逆生埋伏を呈することもある。

正中口蓋縫合

骨口蓋の正中線にあり、左右の上顎骨の口蓋突起および口蓋骨の水平版から成る。この縫合は切歯骨から上顎骨さらには口蓋骨へとのびており、20歳頃までに癒合する。
したがって、狭窄歯列などの症例で正中口蓋縫合を離開して歯槽基底部を拡大する急速拡大法を行う場合は、縫合の癒合以前に行う必要がある。

正中離開

上顎中切歯(上の真ん中の前歯)の間があいていること。萌出したばかりの上顎中切歯は正中離開を起こしているのが普通であり、隣の歯(側切歯)が萌出する際に閉鎖することが多い。

関連項目:醜いアヒルの子の時期

生理的空隙

乳歯列期にみられる歯冠空隙の総称。生理的空隙には発育空隙と霊長空隙または原始空隙と呼ばれるものがある。乳歯列では正常咬合であっても前歯部に空隙を有していることが多い。これらの空隙は永久歯との交換時に有効に利用される。

切歯斜面板

機能的矯正装置の一つで、可撤式の装置である。主な作用は前歯の1歯ないし2歯の歯槽性の反対咬合の改善であり、数歯にわたるものや骨格性の反対咬合には用いない。

舌側矯正

裏側矯正と同義語。矯正歯科学では舌側矯正(ぜっそくきょうせい)が正しい。歯を動かすためのワイヤーを通すブラケットを、歯の裏側(舌側)に装着する矯正治療法のこと。
見えない矯正装置であるため、他人に気づかれずに歯並びを良くしたい人、矯正装置の見た目に強い抵抗がある人に勧められる。費用が高額である、舌房(舌の置き場)が狭くなる、発音に影響が出る場合が有る、などのデメリットがある。

舌側弧線装置

リンガルアーチ。本装置は基本的には臼歯部に固定源を求める維持装置と歯の舌側歯頸部に位置する主線とからなり、可撤式のものと固定式のものとがある。
作用機序は、主線と維持装置のついた維持歯を固定源とし、主線に鑞着された補助弾線を活性化することにより、持続的矯正力を発揮させる。また、単に維持歯の固定にも用いることもある。

舌側転位

ある歯が、他の歯と比べて、内側に飛び出してしまっていること。舌があるのは下顎なので、下顎の歯のことを言う場合が多いが、上顎の歯を指すこともある。上顎の歯の場合は口蓋側転位(こうがいそくてんい)と言うことが多い。下顎の歯を指して、口蓋側転位と言うことは無い。

舌突出癖

舌尖部で前歯部舌側面を圧迫し、切端を超えて突出させることをいう。前歯部歯軸の唇側傾斜、空隙歯列、開咬、発音障害などの原因となる。
治療としては筋機能療法やタングガード、タングクリブなどを用いる。

セファログラム

頭部X線規格写真のこと。矯正治療の精密検査で必ず撮影する横顔のレントゲン写真。骨格や歯の傾きを詳しく分析することができる。
世界共通の規格写真であるため、異なる施設で撮った2時点のセファログラムを重ね合わせ、比較検討することができる。大学病院や矯正歯科専門医院では矯正治療開始前に必ず撮影し分析が行われる。

セラ

セファログラム上の計測点の一つ。蝶形骨トルコ鞍の壷状陰影像の中心点と定義される。成長発育上、早期に完成するので、セファログラムを用いた成長発育や治療前後の比較などに、ナジオンとともにS-N平面の基準点として使用される。

セラミックブラケット

セラミックでできた歯列矯正用ブラケット。プラスチックブラケットと比較し、変色に強く、審美性に優れる。反面、比較的サイズが大きい、非常に硬いため、対合歯の摩耗のリスクが有る、などのデメリットも有る。

セルフライゲーションブラケット

開閉する蓋を装備しており、蓋を閉めることによってワイヤーを把持し、結紮を不要にしているブラケットのこと。ワイヤーが滑る際の摩擦が少ないため、矯正治療での歯の移動に伴う痛みが少ないとされている。
矯正治療期間が短縮できるという説も有るが、最近では治療期間に有意差は無いという報告も多い。チェアタイムが削減できるのは疑いようのない事実である。

栓状歯

円錐形をした矮小歯で上顎側切歯や智歯、過剰歯に多く発現する。

早期脱落

乳歯の早期脱落とは永久歯との交換期に至る前に、何らかの原因によって乳歯が失われることをいう。後継永久歯の萌出スペース不足や萌出遅延、対合歯の挺出などの原因となる。
治療にはクラウンループ、ディスタルシュー、リンガルアーチなどが用いられる。

叢生

歯並びの不正、ガタガタ。crowding。歯と顎の大きさのアンバランス(アーチレングスディスクレパンシー: 歯に対して顎が小さい、顎に対して歯が大きい)から生じる。
また、筋機能の異常(異常な頬圧など)や、歯周病などから叢生を生じる場合も有る。

側貌

横顔。患者の側貌を記録することは治療方針の設定や治療前後の比較において重要な意義を持つ。歯牙移動により側貌が大きく影響を受けることもあるため、治療計画は骨格の分析に加えて、軟組織の分析が必要となる。側貌の検討には顔面写真とセファログラムが用いられる。

関連事項:エステティックライン

た行

ターミナルプレーン

上下顎の第二乳臼歯の遠心面が成す近遠心的な面のこと。遠心面が一致しているバーティカルステップ、下顎第二乳臼歯が遠心に位置するディスタルステップ、下顎第二乳臼歯が近心に位置するメジアルステップの3パターンがある。リーウェイスペースの量に上下顎で差が有るため、バーティカルステップでは永久歯列ではAngleⅠ級かⅡ級、メジアルステップではAngleⅠ級かⅢ級、ディスタルステップではAngleⅡ級になりやすい。

関連項目:アングル分類

タイバック

メインアーチに付与した、オメガループやクリンパブルフックをチューブ(のフック)と結紮線やモジュールなどで結紮すること。

タイポドント

矯正装置による歯の移動様相を観察するための教育用矯正咬合器。実際の臨床と同じように、人工歯にブラケットとワイヤーを装着する。お湯にタイポドントを浸けることにより、ワックスが軟化して、人工歯が移動する仕組み。治療進行状態が再現されるため、動的な実習が可能であり、このタイポドント実習が歯科矯正学の教育の一環として行われている。

ダイレクトボンディング

ブラケット類を矯正用接着剤で歯に直接、接着すること。現在では当然であるが、東京医科歯科大学の矯正歯科において世界で初めてダイレクトボンディングが行われるまでは、歯列矯正治療では全ての歯にバンドが装着されていた。この矯正用接着剤の研究・開発に当院初代院長の茂木正邦も関与。

ダウン症候群

21番染色体が3個あるトリソミー21が原因である疾患。頭蓋は短頭型で顔面は扁平、いわゆる蒙古人様顔貌を呈している。口腔領域では、高口蓋、溝状舌、巨舌などを認めることがあり、また口唇裂・口蓋裂の発生を伴うこともある。矯正治療に際しては、健康保険の適応である(2002年4月以降)。

ダブルバッカルチューブ

上下顎大臼歯に、ボンディングあるいはバンディングされるチューブのうち、2つのチューブが付与されたバッカルチューブをいう。

タングクリブ

異常嚥下癖のある患者に対して、舌を出すことをできなくするクリブを組み込んだ装置。可撤式と固定式がある。

弾線

歯の移動に用いられるワイヤーで、口腔内に装着後、弱い持続的な矯正力によって、ワイヤーが元の状態に戻る復元力を備えたものをいう。

智歯

ちし。親知らず、第三大臼歯の別名。wisdom teethの和訳に由来する。

チンキャップ

子供の下顎前突(うけ口)の治療に用いられる矯正装置。下顎が大きい場合や位置が前に出ている場合に用いる。チンキャップの装着により、下顎の成長の抑制や、成長方向の変化による、上下顎のバランスの調整をはかる。夜間を中心に10~12時間以上装着することが望ましく、一般的に骨の成長が活発になる前(個人差はあるが9~15歳頃)に用いられる。

ツイードアーチベンディングプライヤー

歯列矯正用のアーチワイヤーを屈曲するためのプライヤー。ファーストオーダーベンドからサードオーダーベンドまでの屈曲を行える。サードオーダーベンドの際には2本のプライヤーが必要となる。

ツインブラケット

歯列矯正用ブラケットの形態の一つで、結紮線をかけるウイングが4つあるもの。現在では最もポピュラーなブラケットの形態である。ウイングが2つしかないシングルブラケットと比較し、近遠心的な幅が大きいため、歯の動きのコントロール精度が高い反面、インターブラケットスパンは短くなる。

ツインブロック

上顎前突(下顎後退)の治療に用いる、機能的矯正装置の一つ。上下顎分離型であるため、比較的違和感が小さい。上下顎にそれぞれ拡大ネジを組み込むことができる。斜台にレジンを添加することにより再活性化が可能である。

低位

ある歯が、他の歯と比べて、歯頚側に位置すること(低い位置にあること)。後から萌えた歯の、萌出スペースが足りない場合や、骨性癒着がある場合などに起こる。

低位唇側転位

ある歯が、他の歯と比べて、低い位置で、しかも歯並びの外側にはみ出していること。後から萌えてきた歯の萌出スペースが足りない場合に起こる。上顎の犬歯は、他の歯と比べて遅れて萌えてくるため、スペースが足りないと低位唇側転位となる。これがいわゆる八重歯である。

ディスキング

歯のサイズを僅かに小さくするために歯を削ること。矯正治療を行う際に、歯を排列するスペースが少量足りない時、上下の歯の大きさのバランスが悪い時、左右の歯の大きさのバランスが悪い時などに行われる。ストリッピング、IPR(Interproximal Reduction)とも言われる。

ディスクレパンシー

顎や歯の位置や大きさの様々な不調和のこと。歯の大きさと顎の大きさの不調和を特に、アーチレングスディスクレパンシーと言う。

デッドマン方式

レントゲン機器の使用で、照射中にスイッチから手を離すと、照射が止まる方式。例えば、レントゲン撮影中の子供が激しく動いてしまい、撮影が失敗に終わったと分かった段階でスイッチから手を離すことで、無駄な被曝を避けることができる。日本ではデッドマン方式が法律で義務づけられている。

出っ歯

上の前歯が下の前歯に対して、過度に前方に位置している歯並びのこと。オーバージェットが大きいこと。審美的に良くないほか、奥歯にかかる負担が大きいかみ合わせである。また、口が閉じづらく、歯周病やドライマウスの原因となる。大半の場合は、歯列矯正により治療が可能であるが、著しい出っ歯の場合に、外科的矯正治療が必要となる場合も有る。

デンタルフロス

歯と歯の間(隣接面)の清掃のために用いる糸のこと。糸ようじともいう。薬局などでも購入できる。滑りを良くするためにワックスを含んだものや、ミントフレーバーのものもある。歯間の清掃のために非常に有効である。矯正治療中はワイヤーが邪魔になり、市販のものでは通すのが困難になるが、ワイヤーの下を通しやすいように柄のついた歯列矯正用デンタルフロスも有る。

頭部X線規格写真

矯正治療の精密検査で必ず撮影する横顔のレントゲンのこと。セファログラムとも呼ばれる。骨格や歯の傾きを詳しく分析することができる、世界共通の規格写真である。大学病院や矯正歯科専門医院では矯正治療開始前に必ず撮影し分析が行われる。

ドライマウス

唾液が少なくなり、口の中が乾く病気で、何らかの原因によって唾液が出にくくなったり口の中が乾燥して、口臭などの様々な症状が生じること。出っ歯で口が閉じにくいなど、歯並びが原因の場合は、歯列矯正治療により改善が期待できる。

トリーチャーコリンズ症候群

常染色体優性遺伝による先天性疾患の一つ。顔貌が特徴的で、下眼瞼の欠如、頬骨や下顎頭の形成異常などが挙げられる。下顎骨の発育不全が起こるため、下顎が後退し相対的に上顎前突を呈する。また高口蓋や口蓋裂などを伴う場合もある。矯正治療に関しては健康保険が適応される特定疾患に指定されている。

トルク

歯の動きの一つで、歯冠を回転中心とした歯根の動きのこと。また、そういった歯の動きを起こすための力のこと。

な行

ナイトガード

本来は、咬合治療に用いられるマウスピースの一種。歯の咬合面を覆うことによって、歯の接触が均等になることを期待したもの。これを就寝時に装着することによって、歯軋りによる歯や顎への負担を軽減する。矯正治療を行う場合は、矯正治療終了後の歯並びに合わせて作成する。

ナジオン

頭部X線規格写真における計測点の一つで、鼻骨前頭縫合の最前点。

ナンスのホールディングアーチ

永久歯の抜歯をともなう矯正治療で、上顎の奥歯が前方に移動しないように留めておく為の固定式の矯正装置。歯列矯正治療の期間を通じて装着されることはほぼ無く、治療中に必要なくなった段階で撤去される。

2期治療

歯列矯正用ブラケット装置とワイヤーを用いた永久歯列の本格矯正治療のこと。対して子供の時期の準備段階の矯正治療のことを1期治療と言う。1期治療を行っていなくても、本格矯正治療のことを2期治療と言う場合も有る。1期治療を行うことにより、2期治療を非常に有利に進めることができ、2期治療が不要になる場合も有る。

Ⅱ級ゴム

下顎大臼歯部から上顎前歯部に向かってかけられる顎間ゴムの一種。上顎前突(アングルⅡ級)症例の治療で用いられる。

ニッケルチタンワイヤー

形状記憶合金でできているワイヤーです。普通の針金に比べて、ばねやゴムのように「しなる」といった特徴がある。このワイヤーを使うことで、歯に強い締め付けを起こさず、優しくゆっくりと矯正することができる。

日本矯正歯科学会

日本の矯正歯科学会の中で、最も大きな規模の学会。1926年に発足、現在会員数は6,000人を超える。毎年秋に、日本矯正歯科学会大会が開催されている。認定医制度も整備されている。

抜かない矯正

非抜歯矯正。抜歯を行わずに歯列矯正治療を行うこと。歯の排列のスペース獲得のために、歯列の拡大や大臼歯の遠心移動、歯のストリッピングやディスキングなどを行い、抜歯の回避を図る。治療計画を立案する際は、できるだけ歯を保存する方法を選択するのが当然であり、様々な角度から歯を抜かない矯正治療方法を検討する。
しかしながら、限度を超えた非抜歯矯正は骨の薄いところに歯を移動してしまったり、口元を突出させたり、かえって健康や審美性を害する結果を生むため、矯正医による的確な診断が必要不可欠である。

捻転

歯が長軸に対して捻れて生えていること。その回転方向によって近心捻転と遠心捻転が有る。比較的後戻りが起こりやすい。

ノギス

距離を計測する道具である。歯冠幅径を計測しやすいよう矯正歯科用ノギスでは特に先端が尖っている。

ノラの骨年齢

歯の石灰化状態から生理的年齢を判定する方法の一つ。実年齢とは異なることもある。

ノンエキスト

non-ext。non-extractionの略で、非抜歯という意味。⇔エキスト、ext。抜歯。

は行

バードビークプライヤー

矯正用プライヤーの一つ。主にエッジワイズ法で用いるアーチワイヤーの屈曲に用いられ、各種ループの形成に適している。鳥のクチバシのような形をしていることからこう呼ばれる。

ハーブスト

成長期の子供に用いる、下顎骨の成長促進を目的とする固定式の矯正装置。

ハイアングル

下顎下縁平面角(FMA)が大きいこと。⇔ローアングル

バイオネーター

第一期治療(子供の矯正治療)に用いられる、取り外しのできる機能的矯正装置の一つ。様々な症例に適応できるが、特に上顎前突や過蓋咬合の患者に対して用いられることが多い。拡大ネジを組み込むことで、歯列の側方拡大ができる。FKOから派生した装置。これと比較すると構造が小さく、通気性が良い。

ハイプルヘッドギア

出っ歯(上顎前突)の治療に用いられるヘッドギアの一種で、後頭部を固定源として後上方へ牽引するもの。第一大臼歯の圧下を伴うため、ハイアングルケースに用いられることが多い。

関連項目:オクルーザルプルヘッドギア、サービカルヘッドギア

バイヘリックス

固定式の歯列拡大装置の一つ。クワドヘリックスはヘリカルループを4つ有するが、バイヘリックスは2つである。下顎では舌があるためクアドへリックスの装着が困難であり、バイヘリックスが用いられることが殆どである。

バクシネーターメカニズム

歯列外側からの機能力として、歯列を包み込む口輪筋と頰筋および上咽頭収縮筋は、歯列内側からの舌の筋力に拮抗して歯列や咬合の保持に関与しているという機構のこと。

鋏状咬合

上下顎歯列弓の水平的位置の不正で、上顎臼歯の舌側咬頭が下顎臼歯の頬側に鋏状に咬合するもの。

バジオン

矯正歯科学の診断で用いるセファログラムの計測点の一つ。大後頭孔の最前縁部の正中点で、頭蓋底の最後橋。

発育空隙

乳歯はおおよそ2歳半で生え揃うが、その後も顎が発育するため、乳歯の歯並びにはすき間が存在するのが正常。このすき間を発育空隙と言う。今後、乳歯よりも大きな永久歯が正常に生え変わるために必要なすき間。これが無い場合は大人の歯並びが叢生(デコボコ)になる。

パノラマX線写真

上下顎の全ての歯、歯槽骨、顎骨の形状、さらに上顎洞、鼻腔、顎関節の状態も観察可能なレントゲン写真。矯正治療を始める際の精密検査に必要なレントゲン写真の一つ。

パワーチェーン

矯正的な歯の移動のために用いられるゴムのこと。劣化するため、治療毎の交換が必要である。牽引に必要な力に応じて、力の弱いものから強いものまで、幾つかの種類が有る。

反対咬合

一般的にうけ口と呼ばれる、下の前歯が上の前歯より前に出ているかみ合わせのこと(厳密には前歯に限らない)。オーバージェットがマイナスの値であること。審美的に良くないだけでなく、アンテリアガイダンスが欠如しているため、治療の必要性が高い不正咬合である。

バンド

歯列矯正治療で用いられる、奥歯に装着する金属の輪のこと。帯環。バンドに矯正装置を溶接あるいはロウ着してから歯に接着する。歯に装置を直接、接着すると脱落の危険性が高い時に用いられる。

関連項目:バンドコンタリングプライヤー、バンドシーター、バンドプッシャー、バンドリムーバー

バンドコンタリングプライヤー

変形した歯列矯正用バンドを整形するためのプライヤー。先端の凸面と凹面でバンドを挟み込むように使用する。

バンドシーター

術者の力を利用するバンドプッシャーに対して、患者の咬合力を利用して、バンドを歯間に挿入するための道具。先端の凸部の形態はいくつかの種類が存在する。

バンドプッシャー

術者の力を利用して、バンドを歯間に挿入するための道具。先端部分は口腔内で使いやすいように屈曲されており、表面は滑り止めのために各面に溝がつけてある。

バンドリムーバー

歯列矯正用のバンドを撤去する為のプライヤー。支点となる部分を臼歯の咬合面に押し当て、バンドのエッジに先端を引っ掛けて上方へ引き上げるように使用する。

ピーティーポイント

矯正歯科の診断で用いるセファログラムの計測点の一つ。セファログラム上で見られる翼口蓋窩後壁と正円孔下縁との交点。

ヒートベンダー

高熱を通すことにより、形状記憶合金のワイヤーを屈曲できるようにした機器。2本のベンディング用プライヤーを装備している。

ピエール・ロバン症候群

先天的小下顎症、舌根沈下、気道狭窄による呼吸障害を示す症候群。口蓋裂を合併することが多い。この症候群による咬合異常は健康保険適用で矯正治療を行うことが出来る(2002年4月1日以降)。

鼻唇溝

びしんこう。一般的にはほうれい線と呼ばれる。鼻の両脇から唇の両端に伸びる溝(皺)のこと。加齢によって目立つようになる。

ピンカッター

結紮線やモジュール、パワーチェーンなどを切断するためのプライヤー。ピンアンドリガチャーカッター、カッティングプライヤーとも言う。アーチワイヤーに関しては、細いサイズのもの以外は切断の適用外である。

VTO

Visual treatment objective。頭部X線規格側貌写真の分析法であるリケッツ法をもとに、顎顔面の平均成長との比較から、個人の成長を予測し視覚化したもの。

ブーンのブラケットポジショニングゲージ

ブラケットを歯の一定の位置に接着するために用いられるゲージ。

不正咬合

健康上問題の有るかみ合わせのこと。歯並びのガタガタ(叢生)、出っ歯(上顎前突)、うけ口(反対咬合、下顎前突)、すきっ歯、かみ合わせが深い(下の歯が見えない、過蓋咬合)、開咬、口元が出ているなどがある。

部分矯正

一部の歯にだけ装置を装着し、歯並びの気になる部分だけを矯正治療すること。また、歯を補う治療(補綴治療)の前処置として、歯を理想的な位置へ動かすこと(インプラントを埋入するすき間の獲得、ブリッジのために歯の平行性を獲得するなど)。どんな症例にも適用できるわけではないが、短い期間、低いコストで問題点を解消できることもある。

ブラケット

ブレースとも言う。歯を矯正的に移動させるワイヤーを結紮するための固定式の装置。歯に接着するため、患者自身が取り外すことはできない。以前は全てメタルバンドやメタルブラケットであったが、近年では半透明の審美性の高いブラケットが主流である。

プラスチックブラケット

プラスチックでできた歯列矯正用、審美ブラケット。セラミックブラケットと比較し、柔らかいため、対合歯を損傷するリスクが無い。また、メーカーにもよるがセラミックブラケットより装置が一回り小さいことが多い。プラスチックであるため、吸水するが、最近のプラスチックブラケットは変色も少ない。

フレンケルの装置

フレンケルによって開発された機能的矯正装置。ファンクションレギュレーター;FR。前歯部のシールドと下口唇のパッドにより、過剰な頬圧および口唇圧が排除される。バクシネーターメカニズムの考えから、歯列弓の拡大に働く。

ブラックトライアングル

歯と歯の間の歯茎が下がってしまい、そのすき間が黒い三角形に見えること。歯周病が進行すると見られる。歯並びがガタガタで長年経過している部分は歯茎が下がっていることが多いため、高齢者の歯列矯正治療の後ではブラックトライアングルが目立ってしまうことがある。

プロフィログラム

頭部X線規格側貌写真の主な計測点であるセラ(S)、アーティキュラーレ(Ar)、ゴニオン(Go)、メントン(Me)、ポゴニオン(Po)、B点(B)、下顎切歯切縁(L1)、上顎切歯切縁(U1)、A点(A)、前鼻棘(ANS)、眼窩下点(Or)、ナジオン(N)、後鼻棘(PNS)、モラーレ(Mo)の平均的位置をSを原点としてフランクフルト平面に平行な直線とこの直線に直交する直線からなる直交座標状に設定し、これらの計測点を結ぶ多角形をいう。坂本が日本人の平均値に応用し頻用されている。

ヘッドギア

上顎大臼歯の固定あるいは遠心移動を目的とする顎外固定装置。歯科矯正用インプラントアンカーの普及とともに使用される頻度が少なくなってきている。頭を固定源とするハイプルヘッドギア、オクルーザブルヘッドギア、首を固定源とするサービカルプルヘッドギアがあり、症例によって使い分けされる。

ヘルマンの咬合発育段階

咬合の発育段階を無歯期から永久歯が萌出完了するまでを大きく5段階に分けて評価したもの。

変色歯

着色ではなく、歯の色自体が変わってしまっている歯のこと。失活歯(神経の治療などをしてすでに死んでいる歯)は黒く変色してしまう。また、歯の形成時期に服用した抗生物質が原因で起こっている場合も有る。その場合は1歯ではなく、全体的に変色している。

ペンデュラム

上顎大臼歯の固定式遠心移動装置の一つ。口蓋に固定源を求めたレジンパッドとワイヤー、ワイヤーを挿入するスロットから構成される。

扁桃肥大

一般に扁桃肥大というと、口蓋扁桃の肥大をさすことが多いが、矯正歯科学の分野では、顎顔面や歯列の発育に影響を与える可能性の高い咽頭扁桃(アデノイド)の肥大の臨床的意義が大きい。咽頭扁桃および口蓋扁桃は、出下時には小さく、次第に生理的肥大を示すが、通常3〜7歳にかけて大きく発育し、12〜13歳にかけて縮小傾向にあり、思春期以降はほとんど消失する。

ホウプライヤー

歯列矯正用プライヤーの一つ。アーチワイヤーの把持、結紮などに用いられる。ヘッドの小さなスモールタイプも存在する。

ほうれい線

鼻唇溝(びしんこう)のこと。

ホーレータイプリテーナー

ホーレー(Hawley)が1919年に発表した保定装置。前歯部に用いる唇側線と、大臼歯に使用されるクラスプを備えたプレートタイプの保定装置。

保隙

ほげき。乳歯が虫歯などで早く抜けてしまった場合、放置すると抜けたすき間に奥歯が倒れてきて永久歯が生えるすき間が無くなってしまうため、すき間を確保すること。クラウンループやリンガルアーチなどの装置が用いられる。

ポゴニオン

矯正歯科で診断に用いるセファログラムの計測点の一つ。下顎骨オトガイ隆起部の最突出点。ナジオンとポゴニオンを結んだ平面を顔面平面と言う。

拇指吸引癖

いわゆる指しゃぶり。吸指癖の中で、拇指(親指)を吸引する場合をいい、最も高頻度に出現する。

拇指尺側種子骨

ぼししゃくそくしゅしこつ。sesamoid bone。手のレントゲンを撮った時に親指の根元に認められる小さな骨。思春期性成長スパートの直前に出現するため、成長の指標として用いられる。矯正治療の検査で撮影する頭部X線規格写真(セファログラム)に写る頸椎でも、同様に骨の成熟度を測ることができる。

保定

動的矯正治療終了後に歯並びが後戻りしないように、保定装置を用いて歯を良い位置に留めておくこと。一般的には2〜3年の期間をとる。取り外しのできる保定装置に関しては、徐々に使用頻度を減らしていく。

保定装置

リテーナー。動的矯正治療終了後に歯並びが後戻りしないように、歯を良い位置に留めておく装置のこと。取り外しのできるプレートタイプ(プラスチックのマウスピース)と、歯の裏側に接着し取り外しのできないフィックスタイプ(細い針金)がある。

補綴治療

クラウン(いわゆる差し歯、銀歯や白いセラミックの歯など)、ブリッジ、インプラント、デンチャー(入れ歯)など、喪失した歯を補うための治療のこと。補綴治療と矯正治療が両方必要な場合は、治療の順序を、治療開始前に良く検討することが肝心である。歯列矯正治療を行うと、歯の位置やかみ合わせが変化するため、補綴治療より矯正治療が先行することが多い。

ポリオン

矯正歯科治療の分析で用いる頭部X線規格写真(セファログラム)の計測点。骨外耳道の上縁の中点。あるいは、イヤーロッドの最上点。区別するために前者をアナトミカルポリオンと呼ぶことがある。

ポリゴン表

頭部X線規格写真(セファログラム)の分析項目の計測値について、標準的な値と比較を行うために作成する標準偏差図表のこと。標準値を中心にプラス、マイナス1標準偏差の範囲を外れて大きいあるいは小さいデータを標準的でないとして診断に役立てることが出来る。

ま行

埋伏歯

口腔内に萌出せずに、歯槽骨の中に埋まっている歯のこと。本来萌出すべき歯が埋伏している場合、矯正治療で牽引することがある。

マウスピース矯正

歯列矯正用ブラケットとワイヤーを用いず、数週間おきに交換するマウスピースを装着することによって、歯を動かす矯正治療法。インビザラインが最も有名で、世界で数百万人の治療実績が有る。

見えない矯正

矯正装置の見た目が気になる人に対して用いる、外見からはわからない装置。厳密には全く見えないということは無い。歯の裏側にブラケットを装着する裏側矯正(舌側矯正)と、インビザラインを代表とする取り外しのできる透明のマウスピース矯正に大別される。

みにくいアヒルの子の時期

上顎の前歯が生えたばかりで、すき間が空いている時期のこと。ugly duckling stageと言う。隣の歯が生えてくると自然と閉鎖することが多いので、生えた段階で焦る必要はないが、問題がないかの判断は難しいので、矯正専門医への相談が勧められる。

ミニスクリュー

歯科矯正用アンカースクリュー。ネジタイプの歯科矯正用インプラントのこと。マイクロスクリューも同じ。補綴治療用のインプラントと比較して小さいことからこう呼ばれる。

ミニマムインターベンション

削る、抜くなどの歯に対する外科的な治療を最小限にとどめよういう考え方。抜歯の基準は一様ではないため、担当医によって同じミニマムインターベンションでも、抜歯の適応となる歯も有れば、そうでない歯も有る。

ムーシールド

乳歯列から用いることができる、小児用のうけ口(前歯部反対咬合)改善のための装置。簡単に取り外しが可能である。乳歯列から矯正治療を開始することは少ないが、うけ口は放置すると骨格的な下顎前突に発展してしまうリスクが有るため、ムーシールドのような機能的矯正装置で早期に対応するこことも多い。主に就寝時に使用する。

メジアルステップタイプ

関連項目:ターミナルプレーン

メジアルチューブ

第二大臼歯などの萌出が浅く、通常サイズのエンドチューブが接着できない場合に用いるエンドチューブのこと。近心咬頭の偶角に沿うベース形態となっている。

メントン

矯正歯科の診断で用いるセファログラムの計測点の一つ。Most inferior point on the synphyseal outline。下顎結合部正中矢状面の最下方に位置する点。

模型分析

矯正歯科における資料の分析の一つで、歯型から作成した模型を計測し、歯の大きさや歯並びの幅、歯槽骨の幅などを計測すること。一般的に計測する項目は、歯冠幅径、歯列弓幅径、歯列弓長径、Basal arch width、Basal arch length。計測には矯正歯科用ノギスを用いる。

モジュール

ブラケットにワイヤーを結紮する際に用いるゴムのこと。透明のものが一般的であるが、矯正治療をオシャレに見せて楽しみたい人のために様々な色のカラーゴムも有る。

や行

八重歯

上顎の犬歯(糸切り歯)が歯並びの外側に飛び出して見える状態。矯正歯科学では犬歯の低位唇側転位と言う。

ヤングプライヤー

矯正歯科用プライヤーの一つ。直径0.6〜0.7mm以上の比較的太いワイヤーの屈曲に用いる技工用プライヤー。一方の先端は、ループの大きさを変えられるように、筒状の先端部が3段になっている。もう一方は、平坦な平面で先端にいくにつれ細くなっている。またワイヤーを保持できるように溝が刻まれている。

癒着歯

2本の歯と歯がくっついた状態になっていること。2つの歯は象牙質の形成後にセメント質のみで結合したもの。歯髄は独立している。本来抜ける時期が異なる乳歯がくっついてしまうと、永久歯との生え変わりに支障をきたす場合があるため、注意が必要である。

癒合歯

2本の歯と歯がくっついた状態になっているもののうち、象牙質を含めて一体化したもの。歯胚の発育段階において、組織的に結合したり、1つの歯胚が分裂したりしたものをいう。本来抜ける時期が異なる乳歯がくっついてしまうと、永久歯との生え変わりに支障をきたす場合があるため、注意が必要である。

指しゃぶり

関連項目:吸指癖

幼児型嚥下

乳幼児がミルクや、流動食を嚥下する場合に行う嚥下形式。その特徴は、舌を突き出すとともに下顎を前方へ誘導する。またその間、舌は低位にある。
歯の萌出後もこの嚥下形式が長く残ると、開咬などの不正咬合の原因の一つとなる。

予測模型

セットアップモデルとも言う。矯正治療開始前の模型を複製し、1本1本歯をバラバラにして、治療終了時の歯並びに並び替えたシミュレーション模型のこと。

予防矯正治療

子供に対して行う、将来起こりうる不正咬合に備えての矯正治療。予防的矯正治療、1期治療とも言う。

ら行

ラピッドエクスパンション

関連項目:急速拡大装置

乱杭歯

らんぐいば。デコボコの歯並びのこと。矯正歯科学では叢生(そうせい)と言う。汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病のリスクが高い。

リーウェイスペース

乳犬歯・第一乳臼歯・第二乳臼歯の歯冠近遠心幅径の総和と、犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯の歯冠近遠心幅径の総和の差。上顎のリーウェイスペースは約1mm、下顎では約3mmである。

リップバンパー

下口唇の筋力が強いために下顎前歯の叢生や舌側傾斜が生じている場合、下口唇の過度の筋力が歯列に加わらないようにするための装置。下顎大臼歯の遠心移動の効果も期待できる。

リテーナー

関連項目:保定装置

リテーナー洗浄剤

取り外しのできるマウスピースタイプリテーナーの洗浄剤。可撤式装置(拡大装置やバイオネーターなど)の洗浄にも使用可能。

リラップス

矯正治療後の後戻りのこと。リテーナー(保定装置)の使用状況が悪いと起こりやすい。

リンガルアーチ

関連項目:舌側弧線装置

リンガルボタン

歯の移動や固定も目的として、様々なシチュエーションで歯の裏側に接着される小さなアタッチメント。金属製のものと透明のプラスチック製のものが有る。

ルートコントロール

歯根の向きのコントロールのこと。矯正治療をして一見綺麗な歯並びになっていても、骨の中の歯根の向きが整っていない場合も有る。歯根の向きまできちんと整えることが矯正歯科医には求められる。

ループフォーミングプライヤー

オメガループなどのアーチワイヤーに付与するループを成形するためのプライヤー。先端の筒状の部分が3段になっており、成形するループのサイズを変えることができる。

レジンリムーバー

ブラケット撤去後に歯面に残ったボンディング材を撤去するためのプライヤー。パッドの部分を臼歯の咬合面や、切歯の切縁に当て、先端を残存したレジンのエッジに引っ掛け、上方へ弾くように使用する。

連続抜去法

将来、永久歯抜歯の必要性が予想されるようなアングルⅠ級叢生の不正咬合に対して、永久歯列へのスムーズな交換を図る目的で、乳犬歯、第一乳臼歯、そして萌出した第一小臼歯を連続して抜歯すること。骨格的にIII級傾向のある症例には禁忌である。

弄舌癖

口腔習癖の一種で、口舌癖、舌突出癖、低位舌などがある。このうち、最もよく見られるのは舌突出癖である。口腔筋機能療法(MFT)の対象となる。

鑞着

ろうちゃく。ワイヤーとワイヤーを銀鑞などでくっつけること。鑞着に必要なものとしてワイヤーの他に、トーチ、シルバーソルダー、フラックス、軽石などが挙げられる。

わ行

矮小歯

正常範囲を超えて小さい歯をいう。部分的に矮小歯を認める場合には、トゥースサイズレイシオの不調和によって、咬合が安定していない場合があり、必要に応じて当該歯の補綴治療や、対合歯のストリッピングが必要となることがある。

矯正治療のことでお困りでしたら
もぎ矯正歯科医院までお気軽に
ご相談ください

電車でお越しの方
●JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」より徒歩1分
●京成線「京成八幡駅」より徒歩2分

047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜 047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜
  • 医院ブログ
  • 採用情報
  • 患者さまの声
24h受付 オンライン初診予約