医院ブログ

  • HOME
  • 医院ブログ

2018.10.27更新

こんにちは。千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

お子さまの歯列矯正を考えている親御様にとって、治療を始めるにあたって様々な不安や疑問があると思います。

そこで、今回のブログでは、当院でよくご相談を受ける、子どもの矯正治療に関するQ&Aを載せたいと思います。

 

Q.子どもの歯列矯正はいつから始めればいいのか?

A.最適な治療開始時期はお子さまによって異なりますので、まずはきちんと検査を行って、一人ひとりに合った治療開始時期を見極める必要があります。その際、大事なのは、中長期的な治療計画を立てることです。目の前の症状をただ治すのではなく、永久歯に全て生えかわった後のことも見越して治療を進めていくことが大切なのです。「小児矯正はなるべく早く始めた方がいい」という話をよく耳にするかと思いますが、実は、お子さまによっては、矯正治療をすぐ始めずに待った方がいい場合もあります。ただし、最適な治療時期を逃さないためにも、まずは一度早めに相談することは大切です。お子さまの歯並びのことで少しでも気になることがあれば、矯正専門医院に相談してみましょう。

 

Q.子どもの矯正はどんな治療をするのか?

A.成長期の間に、大人の歯並びをよりよい状態で迎えるための準備をしていきます。例えば、出っ歯や受け口の原因が骨格的な不正、つまり、上顎と下顎の骨格的な位置の問題であれば、上下の顎のバランスを整える治療を行ないます。また、永久歯の生えかわりに何か問題があれば、スムーズに歯が生えかわるように手助けすることもあります。大人になってからでも矯正治療はできますが、骨格的な問題や歯の生えかわりの問題を改善するための治療は、成長期の間にしかできないものもあるのです。子どもの矯正治療では、そういった子どものうちだからこそやる意味のある治療を、必要な時期に行っていきます。

 

他にもよくあるご質問については、また次回以降、順次載せていきたいと思います。

 

子供から大人までの痛くない矯正歯科 市川市の歯並びとかみ合わせの矯正歯科専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2018.06.26更新

こんにちは。千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

6歳頃に乳歯が抜け始めて永久歯への交換が始まりますが、永久歯への生えかわり時期に上の前歯の真ん中にすき間があること(正中離開)を心配され、矯正治療を早く始めた方がいいのか?と親御様からご相談をうけることがあります。

乳歯から永久歯への交換時期には正中離開がみられることがよくあり、多くの場合、側切歯(真ん中から2番目の歯)や犬歯(真ん中から3番目の歯)が生えてくると自然とすき間が閉じてきますので、あまり心配はいりません。

ただし、正中離開の原因として、中切歯の間に余分な歯が存在していたり(正中過剰埋伏歯)、上唇小帯が長く前歯の間にまで食い込んでいたり(上唇小帯付着位置異常)する場合には、それが邪魔して前歯にすき間ができている可能性があります。その場合は、過剰歯を抜歯したり、上唇小帯を切除したりするなどの処置が必要になることもあります。また、側切歯が生まれつきなかったり(先天欠如)、側切歯が通常より小さかったり(矮小歯)、ほかの永久歯が異常な方向へ生えていたり(異所萌出)することで、すき間ができてしまうこともあります。

早めの処置が必要な場合もありますので、お子さまのすきっぱがご心配であれば、一度早めに矯正専門医に相談してみましょう。

正中埋伏過剰歯

↑正中埋伏過剰歯

(参照:歯科衛生士のための矯正歯科治療/シエン社)

 

 

上唇小帯付着異常

↑上唇小帯付着位置異常

 

子供から大人までの痛くない矯正歯科 市川市の歯並びとかみ合わせの矯正歯科専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2018.05.22更新

こんにちは。千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

将来的に、歯が大きかったり、あごの骨が小さかったりなどして、歯列矯正のための永久歯抜歯をしないと歯が並びきらないことが予測される場合に、叢生(歯並びのでこぼこ)の発現と悪化を予防するために、乳歯が自然に抜けるのを待たずに計画的に乳歯・永久歯を連続して抜去する方法が取られることがあります。これを「連続抜去法」といいます。

一般的には、下記のような手順を踏みます。

① 乳犬歯(C)の抜歯をし、側切歯(2)の萌出誘導または叢生の解消を図る。
② 第一乳臼歯(D)の抜歯をし、犬歯(3)より先に、第一小臼歯(4)を萌出させる。
③ 第一小臼歯(4)の抜歯をし、犬歯(3)の萌出誘導を図る。


また、その後、④ 第二乳臼歯(E)が自然脱落して第二小臼歯(5)が萌出し、⑤ 第二大臼歯(7)が萌出すれば、永久歯列への交換が完了します。

連続抜去法 歯科矯正学辞典より

出典:「歯科矯正学辞典」クインテッセンス出版

この術式は将来の叢生を予測して永久歯を抜歯する方法ですが、永久歯は一度抜歯してしまったら元には戻せませんので、抜歯が必要かどうか慎重に判断しなくてはいけません。また、禁忌とされているケースもありますので、連続抜去法の必要性を適切に見極めるには、歯科医師の高度な知識と経験が必要となります。

子供から大人までの痛くない矯正歯科 市川市の歯並びとかみ合わせの矯正歯科専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2018.05.02更新

こんにちは。千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

今週末、5月5日「こどもの日」は、子どもの健やかな成長と幸福を願う日。
しかし、近年、子どもの口腔内健康を脅かす、小児矯正でのトラブルが問題となっています。

歯医者に子どもの矯正治療の相談に行ったところ、あごを広げる「床矯正」「拡大床」を勧められた、という話をよく耳にします。あごの骨が柔らかい子どものうちに、取り外しのできる装置であごを広げることで、抜歯をしなくても歯並びが綺麗に治せる、という、一聴したところ聞こえのいい矯正治療ですが、床矯正には注意が必要です。

というのも、近年、十分な研修・教育を受けていない歯科医師による安易な「床矯正」によるトラブルが増えているのです。他院で不適切な治療を受け、当院にセカンドオピニオンを求めて相談にいらっしゃる方もいます。例えば…

・6歳から11歳まで床矯正を続けた結果、上下の前歯が著しく前に傾き、ひどい出っ歯になってしまった。
・一見綺麗に歯が並んでいるように見えるが、奥歯が外側に傾き、全く咬み合わなくなってしまった。
・将来抜歯をしなくてもいいように小学校低学年のうちから床矯正をしていたのに、永久歯が生え揃った中学生の時、結局歯が並ぶスペースがないからといって、抜歯を勧められた。

など…。
矯正治療は治療を受けるご本人にとっても、サポートする親御様にとっても、決して楽なものではありません。それでも綺麗な歯並びになれると信じて治療を続けてきたというのに、結果がこれではあんまりです。

そもそも、「拡大床」とは、あごの大きさ自体を広げるものではありません。歯列を外に膨らませる、つまり、歯を外側に傾斜移動させることで歯を並べていくものです。

そのため、元々あごが小さかったり、歯が大きかったりする場合に無理に歯を並べようとすると、土台となる歯槽骨に全ての歯を並べるスペースが足りないために、歯槽骨から歯が溢れ出てしまい、上記の例のように、異常な角度で前歯が出っ歯になってしまったり、奥歯が外側に著しく傾いて咬み合わなくなってしまったりするのです。

また、成長や歯の生えかわりが途中段階で見切り発車の床矯正を行うと、のちのち、あごの骨の成長が止まり、永久歯が生え揃ったところで、結局歯が並びきらないから抜歯をする、ということにもなり得るのです。この場合には、何年にも渡って広げてきた歯列を、抜歯をすることで今度は逆に縮めなくてはいけなくなります。

もちろん、床矯正が有効に働く症例もあります。重要なのは、適切な検査・分析に基づいて、患者さま一人一人の不正に合った治療計画を立て、適切な判断により、適切な矯正装置を選択することにあります。こうした矯正治療が行える高い専門性をもつ歯科医師を見極めるのはなかなか難しいですが、ひとつの目安としては、日本矯正歯科学会認定医の資格を持つ歯科医師を選ぶとよいでしょう。

こいのぼり

子供から大人までの痛くない矯正歯科 市川市の歯並びとかみ合わせの矯正歯科専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2018.04.17更新

こんにちは。千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院トリートメントコーディネーターの茂木悠里です。

子どもの歯並びが悪いと感じた時、歯列矯正を始めたいけれど、いつから始めればいいのか不安に思われる親御さまも多いのではないでしょうか。

子どもの歯列矯正の最適な開始時期は、お子さまそれぞれによって異なります。お口の中の状況は一人一人異なりますし、実際の年齢だけではなく、身体の成長や歯の生えかわり状況によっても左右されます。

矯正治療はいつ始めても遅いということはありませんが(当院では、50代や60代から矯正治療をスタートされる方もいらっしゃいます)、子どものうちに、歯の生えかわりやあごの骨の成長をうまくコントロールしてあげることで、将来大人になった時に、歯並びや骨格の不正の程度が軽減される場合があります。ただ、子どものうちに矯正治療が必要かどうか、また、必要であればいつ始めたらよいのかは、専門家による適切な判断が必要です。治療開始の最適な時期を逃さないためにも、お子さまの歯並びについて気になることがあれば、一度早めに矯正専門医に相談してみましょう。

子どもの歯列矯正について、「できるだけ早く始めた方がいい」というのをよく耳にしますが、大切なことは、「できるだけ早く始める」ことではなく、「まずは早めに一度相談すること」なのです。

子ども 歯

子供から大人までの痛くない矯正歯科 市川市の歯並びとかみ合わせの矯正歯科専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2015.07.24更新

こんにちは、千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院の川久保直美です。

不正咬合と呼ばれるものには、出っ歯(上顎前突)、反対咬合(下顎前突)、デコボコ(叢生)、すきっ歯(空隙歯列)、上下の歯が咬み合わない(開咬)など様々なものがあります。これは大人に限ったことではなく、子供でも同じように起こります。

しかし、子供の場合(乳歯列期)は、上顎前突傾向を示すのが正常であったり、空隙歯列であることで、永久歯列への正常な交換ができたりと、一概に大人と同じ判断基準で不正咬合であると判断することはありません。

ただし、上顎前突傾向といっても、正常な範囲内であるのかどうかや、空隙歯列の原因が例えば歯が先天的に欠如していることなどによるものなのかは、専門家の知識がないと正確に判断できません。

咬み合わせに関する心配事があれば、夏休みで普段の生活に少し余裕のあるこの時期に歯科医師・矯正科医に相談し、心配事を解消してしまいましょう。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2015.07.15更新

こんにちは、千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院の川久保直美です。

歯は、乳歯・永久歯ともに、生えてくる時期と順序がおおよそ決まっています。
乳歯では、まず下の前歯が生後半年ころから生え始め、2歳半ころに乳歯列が完成します。その後、6歳前後に永久歯の前歯や6歳臼歯と呼ばれる奥歯(第一大臼歯)が生え、前歯と奥歯の間の歯が順に生えかわります。そして12歳前後に12歳臼歯と呼ばれる奥歯(第二大臼歯)が生え、この歯の萌出が完了したところで、永久歯列の完成となります。

と、大まかに歯の生えかわる時期と順序を書きましたが、同じ月齢・年齢のお友達より生えかわりが遅いからといって、心配する必要はありません。

これには個人差があるため、生えかわり時期の多少のズレや、萌出順序の違いがよくあります。ただし、小学校中学年になっても6歳臼歯が生えてこなかったり、左右で生えかわりの時期が半年以上異なったりする場合には、なんらかの原因があることが考えられますので、歯科医院を受診し、レントゲン検査などをしてもらうことがよいかと思います。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2015.04.18更新

こんにちは、千葉県市川市本八幡駅すぐの歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院院長の茂木和久です。

先日の休診日に口腔筋機能療法(MFT)についての勉強会に参加してきました。
当院ではMFTの指導は歯科衛生士の担当となっておりますが、今回は4人の衛生士も一緒に参加しました。

セミナー内容を持ち帰り、当院のMFTをよりブラッシュアップしていきたいと思います。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2014.10.29更新

こんにちは、千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院の川久保直美です。

お子様の反対咬合(受け口)はご家庭で気づきやすい不正咬合の一つであると思います。

子どもの矯正治療に関しては
①最終的なかみ合わせが確立する成長期以降まで、極力介入を避ける
②早期に治療を開始し、長期に渡り管理する
といった考え方があります。

この判断は、ご家庭ではもちろんのこと一般の歯医者さんでも難しく、歯科矯正治療の知識のある矯正専門医が介入することが求められます。
現在は様々な治療手段が整っており、どの発育段階で来院頂いても、手遅れで治療不可能ということはまず考えられません。しかし、早期介入を避ける場合であっても、治療を適切なタイミングで開始することが望ましいことは言うまでもありません。

治療の最適なタイミングを逃さないためにも、かみ合わせの異常に気づいたら、早めに相談頂くことをおススメします。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2014.09.24更新

こんにちは、千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院の川久保直美です。

近年、少子化や核家族化が進む一方、情報メディアが発達し、インターネットなどによる育児情報が溢れています。

その中で、お子様の矯正治療に関する情報も選択しきれない程だと思います。

インターネット上の情報は、学術論文のデータなどに基づいた信用のおけるものから、そうでないものまで様々であり、その判断は難しいと思います。

一部の情報に惑わされてしまい、実際に矯正治療が必要なのか、いつから始めればいいのかなど悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。また逆に、まだ治療開始には早いと自己判断し、適切な治療開始時期を逃してしまうこともあります。

悩んだら、まず相談!
早めに相談に来て頂ければ、定期観察をしながら最適な治療開始時期を見極めることができるのです。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

前へ

SEARCH

矯正治療のことでお困りでしたら
もぎ矯正歯科医院までお気軽に
ご相談ください

電車でお越しの方
●JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」より徒歩1分
●京成線「京成八幡駅」より徒歩2分

047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜 047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜
  • 医院ブログ
  • 採用情報
  • 患者さまの声
24h受付 オンライン初診予約