医院ブログ

  • HOME
  • 医院ブログ

2014.02.10更新

こんにちは、千葉県市川市本八幡駅すぐの歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院院長の茂木和久です。

小児の受け口は早期に矯正治療を開始した方がよいことが多いです。
まずは前歯の反対咬合は第一に治療しなくてはなりませんが、前歯部の改善が行われた後もまだ安心はできません。
受け口の成り立ちとして骨格的な顎骨の前後差が原因であった場合は、この補正も必要になってきます。
小児の頃から思春期にかけては背がのびるのと同じく、顎骨も成長します。
この成長を矯正治療でうまくコントロールできれば、永久歯列期でのかみ合わせ改善は容易になるのです。
例えば、受け口の骨格の場合、上顎の前方成長を促したり、下顎の成長方向をコントロール
することで上下顎のバランスをとることができます。

早期に矯正治療を開始することのメリットはこの顎骨の成長コントロールなのです。

関連項目:反対咬合(受け口)の子供の矯正治療を始める時期について

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

矯正治療のことでお困りでしたら
もぎ矯正歯科医院までお気軽に
ご相談ください

電車でお越しの方
●JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」より徒歩1分
●京成線「京成八幡駅」より徒歩2分

047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜 047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜
  • 医院ブログ
  • 採用情報
  • 患者さまの声
24h受付 オンライン初診予約