医院ブログ

  • HOME
  • 医院ブログ

2013.12.15更新

 

前歯が上下で噛み合ないと思ったら、開咬(かいこう)という不正咬合が疑われます。
開咬状態にあると、前歯でものが噛み切れないので麺類などの食事には非常に不都合です。
前歯でかめないので、舌と前歯で噛むといった方法で過ごされている方もいらっしゃると思います。
実はこの行為自体もあまりよくありません。
習慣的に舌が上下の前歯の間に入り込むようになるので、歯の自然におこりうる挺出も阻害してしまいます。

一度癖がついてしまうとその改善はなかなか難しいですが、根本的な解決には正しい舌位へ修正するトレーニングが必要になってしまいます。
併せて、歯列の矯正を行って舌が入り込みにくくなる環境作りも必要でしょう。

この両方の治療は矯正治療の専門医でないと受けるのは難しいでしょう。
大人になってからでももちろん改善はできますが、小児のうちに気づくことができれば早めに相談しましょう。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会

矯正治療のことでお困りでしたら
もぎ矯正歯科医院までお気軽に
ご相談ください

電車でお越しの方
●JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」より徒歩1分
●京成線「京成八幡駅」より徒歩2分

047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜 047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜
  • 医院ブログ
  • 採用情報
  • 患者さまの声
24h受付 オンライン初診予約