医院ブログ

  • HOME
  • 医院ブログ

2015.07.24更新

こんにちは、千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院の川久保直美です。

不正咬合と呼ばれるものには、出っ歯(上顎前突)、反対咬合(下顎前突)、デコボコ(叢生)、すきっ歯(空隙歯列)、上下の歯が咬み合わない(開咬)など様々なものがあります。これは大人に限ったことではなく、子供でも同じように起こります。

しかし、子供の場合(乳歯列期)は、上顎前突傾向を示すのが正常であったり、空隙歯列であることで、永久歯列への正常な交換ができたりと、一概に大人と同じ判断基準で不正咬合であると判断することはありません。

ただし、上顎前突傾向といっても、正常な範囲内であるのかどうかや、空隙歯列の原因が例えば歯が先天的に欠如していることなどによるものなのかは、専門家の知識がないと正確に判断できません。

咬み合わせに関する心配事があれば、夏休みで普段の生活に少し余裕のあるこの時期に歯科医師・矯正科医に相談し、心配事を解消してしまいましょう。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

2015.07.15更新

こんにちは、千葉県市川市・本八幡駅直結の歯列矯正専門医院、もぎ矯正歯科医院の川久保直美です。

歯は、乳歯・永久歯ともに、生えてくる時期と順序がおおよそ決まっています。
乳歯では、まず下の前歯が生後半年ころから生え始め、2歳半ころに乳歯列が完成します。その後、6歳前後に永久歯の前歯や6歳臼歯と呼ばれる奥歯(第一大臼歯)が生え、前歯と奥歯の間の歯が順に生えかわります。そして12歳前後に12歳臼歯と呼ばれる奥歯(第二大臼歯)が生え、この歯の萌出が完了したところで、永久歯列の完成となります。

と、大まかに歯の生えかわる時期と順序を書きましたが、同じ月齢・年齢のお友達より生えかわりが遅いからといって、心配する必要はありません。

これには個人差があるため、生えかわり時期の多少のズレや、萌出順序の違いがよくあります。ただし、小学校中学年になっても6歳臼歯が生えてこなかったり、左右で生えかわりの時期が半年以上異なったりする場合には、なんらかの原因があることが考えられますので、歯科医院を受診し、レントゲン検査などをしてもらうことがよいかと思います。

子供から大人までの痛くない歯列矯正 市川市の歯並びとかみ合わせの歯列矯正専門医院 本八幡駅徒歩1分 もぎ矯正歯科医院のトップページへ

投稿者: 医療法人社団愛悠会もぎ矯正歯科医院

矯正治療のことでお困りでしたら
もぎ矯正歯科医院までお気軽に
ご相談ください

電車でお越しの方
●JR総武線・都営新宿線「本八幡駅」より徒歩1分
●京成線「京成八幡駅」より徒歩2分

047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜 047-711-3046 土日診療 夜間急患対応 診療時間 火・水・金 10:00~13:30/14:30~19:30 土・第2・4日曜※ 10:00~13:00/14:00~18:30 休診日:月/木/祝/第1・3・5・日曜
  • 医院ブログ
  • 採用情報
  • 患者さまの声
24h受付 オンライン初診予約