トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » や行

 

八重歯

上顎の犬歯(糸切り歯)が歯並びの外側に飛び出して見える状態。矯正歯科学では犬歯の低位唇側転位と言う。

ヤングプライヤー

矯正歯科用プライヤーの一つ。直径0.6〜0.7mm以上の比較的太いワイヤーの屈曲に用いる技工用プライヤー。一方の先端は、ループの大きさを変えられるように、筒状の先端部が3段になっている。もう一方は、平坦な平面で先端にいくにつれ細くなっている。またワイヤーを保持できるように溝が刻まれている。

 

癒着歯

2本の歯と歯がくっついた状態になっていること。2つの歯は象牙質の形成後にセメント質のみで結合したもの。歯髄は独立している。本来抜ける時期が異なる乳歯がくっついてしまうと、永久歯との生え変わりに支障をきたす場合があるため、注意が必要である。

癒合歯

2本の歯と歯がくっついた状態になっているもののうち、象牙質を含めて一体化したもの。歯胚の発育段階において、組織的に結合したり、1つの歯胚が分裂したりしたものをいう。本来抜ける時期が異なる乳歯がくっついてしまうと、永久歯との生え変わりに支障をきたす場合があるため、注意が必要である。

指しゃぶり

関連項目:吸指癖

 

幼児型嚥下

乳幼児がミルクや、流動食を嚥下する場合に行う嚥下形式。その特徴は、舌を突き出すとともに下顎を前方へ誘導する。またその間、舌は低位にある。
歯の萌出後もこの嚥下形式が長く残ると、開咬などの不正咬合の原因の一つとなる。

予測模型

セットアップモデルとも言う。矯正治療開始前の模型を複製し、1本1本歯をバラバラにして、治療終了時の歯並びに並び替えたシミュレーション模型のこと。

予防矯正治療

子供に対して行う、将来起こりうる不正咬合に備えての矯正治療。予防的矯正治療、1期治療とも言う。


トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » や行


24時間オンライン初診予約


TOPへ