トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » や行 » 幼児型嚥下

幼児型嚥下

乳幼児がミルクや、流動食を嚥下する場合に行う嚥下形式。その特徴は、舌を突き出すとともに下顎を前方へ誘導する。またその間、舌は低位にある。
歯の萌出後もこの嚥下形式が長く残ると、開咬などの不正咬合の原因の一つとなる。


トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » や行 » 幼児型嚥下


24時間オンライン初診予約


TOPへ