トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » は行 » 拇指尺側種子骨

拇指尺側種子骨

ぼししゃくそくしゅしこつ。sesamoid bone。手のレントゲンを撮った時に親指の根元に認められる小さな骨。思春期性成長スパートの直前に出現するため、成長の指標として用いられる。矯正治療の検査で撮影する頭部X線規格写真(セファログラム)に写る頸椎でも、同様に骨の成熟度を測ることができる。


トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » は行 » 拇指尺側種子骨


24時間オンライン初診予約


TOPへ