トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » か行 » 開咬

開咬

かいこう。奥歯で咬んだ時に、前方の歯が当たらない不正咬合を言う。開咬は悪習癖との因果関係が強く、舌突出癖(異常嚥下癖)や、吸指癖(指しゃぶり)などがあると開咬になりやすい。

子供の開咬の矯正治療は悪習癖の除去が主となる。タングクリブなどの矯正装置を用い、筋機能療法を行う。大人の開咬の矯正治療はマルチブラケットによる歯列矯正となる。悪習癖が残っていると、いくら矯正治療を行っても開咬が再発するため、大人の場合でも筋機能療法は不可欠である。骨格的な開咬が著しい場合は、外科的矯正治療の対象となる。


トップへ » 当院の矯正歯科の6つの特徴 » 用語集 » か行 » 開咬


24時間オンライン初診予約


TOPへ